電子定款とは

株式会社

合同会社

お役立ち情報

電子定款とは?

電子定款にすると収入印紙が不要になる理由

電子定款とは、2004年3月から導入された新しい定款スタイルです。
CD-Rやフロッピーディスクなどの電子媒体に定款データを保存します。電子媒体に保存した定款を「電子定款」と言います。
従来の紙定款とはお手続き方法が異なります。
株式会社の場合は、事前に公証役場の公証人と定款内容の事前確認を行います。 従来の紙定款の場合は、認証手続きを行う当日でも定款内容の修正が可能でしたが、電子定款は修正ができません。
合同会社の場合は、公証人の確認が入らないため、登記申請を行う管轄法務局にて事前確認を行います。
株式会社及び合同会社共に、登記申請を行う前に定款内容をよく確認し、修正がない状態の定款を作成することが重要です。
紙の定款ではなく、電子定款(データ)で作成することにより、印紙税法で定められた課税文章から外れるのです。
「えっ?」と思うような理由なのですが事実です。
紙定款から電子定款に変更するだけで、設立費用がひとまず4万円も削減できます。 削減した4万円を効率よく使い、どれだけ安い費用で設立できるかが、設立費用を安く抑えるポイントです。

電子定款を自分で作成できるのか?

電子定款のディメリットとは?

行政書士に依頼しなくても、ご自分で電子定款を作成する事は可能です。
プラグインソフト・電子証明書・PDFソフトをご用意して、それぞれのソフトをパソコンに設定して、公的な審査を受けて・・・
と全ての準備をできる時間と労力を惜しまなければ5000円ぐらい(フリーソフトや体験版などを駆使した場合)の費用で、 電子定款を作成できると思います。

比較的時間を要する作業ですので、
作業にかかる時間を時給に換算してしまうと・・・
ご自分で作成する事が「一番安い!!」とは言い切れない部分がありますが、お時間に余裕がある方や何社も設立する予定がある方なら挑戦してみてもいいかと思います。
従来の紙定款から電子定款にするディメリットを強いて言うならば、定款の中身に修正があった場合、修正手続きに時間がかかると言う点です。
合同会社の電子定款はすぐに修正可能です。
株式会社の電子定款は、公証役場での認証手続きを要するため、定款内容に修正があった場合も公証役場を通して修正を行います。 しかし、修正が入る可能性はゼロに等しいので安心して下さい。その理由は、公証役場での定款認証手続き前に担当公証人が定款内容の事前確認を行うからです。 誤字・脱字・定款の文言・発起人情報など、定款の内容に間違いが無いかを担当公証人が必ず確認します。
修正がある場合は、事前確認の段階で指摘され定款内容の修正を行います。 修正がなくきちんとした内容の定款が出来あがった時点で電子定款として認証手続き行います。 公証人の先生が、事前確認で誤字や脱字を見落とし、誤った内容で電子定款が完成してしまった場合は、誤記証明書という書類が公証人から発行されます。